ドライブインシアターはどうなったの?

ドライブインシアターというものを覚えていますか?

ドライブインシアターはもともとアメリカが発祥だとされています。
駐車場に巨大なスクリーンをおき車を駐車しながら車の中から映画を見ることができるというものです。

当時はテレビなどがあまりなく映画館などで映画を見るというのが当たり前でした。
ドライブインシアターは家族全員で映画を楽しむことができるものとして当時は大反響を得たのです。
日本にも80年代から90年にかけて登場し人気を得ました。

多くの人がドライブインシアターで映画を楽しんだのはないでしょうか。

ではドライブインシアターというのは今ではどうなっているのでしょうか。

2000年以降ドライブインシアターというのはあまり利用されなくなってしまいました。
DVDやブルーレイなどに様に手軽に映画を見ることができるようになったためです。

2010年までは日本にもドライブインシアターはあったのですが、2010年に最後のドライブインシアターが閉館し、日本のドライブインシアターというのはすべて亡くなってしまったのです。
とはいえ海外でもドライブインシアターというのはまだ残っているので、完全に亡くなったというわけではないのです。