進化しているドライブインシアター

バブル時期に流行ったものというのはいろいろなものがありますが、その中の一つとして知られているのがドライブインシアターと呼ばれているものです。

こういったものがいまどうなっているのかというのが気になっている人も多いのではないでしょうか。
もともとドライブインシアターというのはアメリカが発祥とされています。
発祥当時はテレビなども普及されていなかったため映画というのが一般的でした。

そんな映画を車に乗る家族全員でみることができるというため多くの人に人気があったのです。

日本でも80年代に登場し様々な人がこのドライブインシアターを利用するようになりました。

ではこのドライブインシアターというのはどうなっているのでしょうか。

ドライブインシアターは2000年以降はDVDやブルーレイなどなどように手軽に映画を楽しむことができるものが登場し衰退していきました。

日本のドライブインシアターは2010年ですべて閉館してしまっているのです。
しかし、海外ではいまでもこのドライブインシアターを行っているところがあります。

最近では技術が進みいろいろな要素を利用したドライブインシアターが出ているのです。
ドライブインシアターも進化しているというわけです。